HOME
Only on the iPhone
家電量販店に販促用として設置されているiPhoneの中には見ず知らずの誰かが撮影した写真が消去されないまま保存されていることがある。無責任にiPhone に残されている撮影者不明の写真には、Exif 情報として緯度経度や時間などが記録されているが、誰が撮影したのかという撮影者の情報だけは 記録されることなく、するりと抜け落ちている。 しかしその写真の中にはしばしば iPhone のカメラ機能(パノラマ撮影等)の失敗や、撮影者の指の 映り込みという人為的なエラーから撮影者という人間の面影を匂わせるものが残されている。そこに 染み付く撮影者の残り香のようなものは、かつて存在したはずの撮影者の存在を思い起こさせる。
本作では、iPhoneに搭載されているairdropという機能を使用することで販促用iPhoneの中に残っている写真を、作者のiPhoneに転送し収集した上で、JIS 企画で定められている一番大きな b0 サイズの用紙に印刷して展示する。大判印刷された撮影者の人差し指やフォーカスのあっていない写真は、いわゆるスタンダードな写真展示が持つ、綺麗で解像度が高い程よいという価値観とのパラドックスを引き起こし、それはまるで駅などに大きく張り出されるiPhoneで撮影された無味無臭の写真広告へのアイロニーのように、誰かの手によって撮影された撮影者不明写真に付随する人間臭さを誇張して表現する。